現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


元FBI行動分析官が教える危険な人物の見分け方

ブログを読んでくれた方ランキングサイト一日ワンクリック協力お願いします。

北海道 ブログランキングへ
FC2 Blogランキング

FBI元心理分析官が教える 危険な人物の見分け方という本が発売された。

猟奇殺人、誘拐、詐欺、ストーカー行為…。巷を騒がせる数々の「凶悪犯罪」は、決してあなたと無関係ではない。なぜなら、“すぐそばの人”が犯人かもしれないからだ。どうすれば、あなたの家族や知人、そしてあなた自身を犯罪から守れるのか。FBIの元心理分析官が、犯罪に巻き込まれないための“もっとも有効な手段”を教授する。

というものだが近年日本でも毎日まではいかないが、訳の分からない殺人事件が多発している。

前にも書いたが日本の殺人事件の認知件数自体は昭和29年をピークに現在は3分の1程に減少している。

FBIなのでアメリカが舞台なのだが、この本の著者によると連続殺人犯、猟奇的殺人はについてこう書いてある。

普段近所でも会社でも評判の良い、常識のある普通の市民だという事。

ここに1つの事件犯の例がある

デイビット・パーカー・レイ
David Parker Ray-Zakre
米国アリゾナ州やニューメキシコ州で60人もの女性を拷問し、殺したと考えられている連続殺人犯。
10万ドルをかけた手製の拷問室で犯行を行っていたことから、Toyーbox killerとも呼ばれる。
1999年に逮捕され、懲役224年の刑に処された。
2002年5月28日に獄死。享年62歳。

<概要>
レイは1939年11月6日に生まれた。
彼は祖父に育てられたが、貧しさやシャイな性格からいじめられ、10代の頃にはアルコールや違法な薬物に手を出していた。

高校卒業後は技師として働いていたレイは、10万ドルかけて古いトレイラーハウスを改造し、後に数多くの女性を拷問・殺害する「toy box」を作った。
この中には鞭や鎖、滑車や医療用の刃物など、様々なグッズが集められていたという。
彼はニューメキシコ州トゥルース・オア・コンシクエンシーズに在住していた間、多数の女性達を誘拐し、殺害していた。

事件発覚は1999年3月22日のことだった。
Toy-boxに監禁されていた女性が逃げ出し、警察に保護された。
誘拐されて3日間、手酷い拷問を受け続けていたという。
彼女はレイが外出中に逃げ出したが、見張り役の共犯者シンディ・ヘンディに見つかってしまった。
彼女は殴られるなどの暴行を受けたが、裸のまま逃げ出した。
警察はレイとヘンディを逮捕した。

この逮捕が報じられると、以前被害を受けたという女性が一人名乗り出た。
また、捜査によってまた別の被害者が映ったビデオが見つかった。
そのビデオは1993年のもので、被害者は解放され、最終的にコロラドで発見された。
しかし、被害者の女性達は記憶を断片的にしか思い出せなかった。
レイは記憶障害を引き起こす麻酔薬を彼女らに投与していたのだ。

FBIの大々的な捜査にも関わらず、被害者らの遺体も有力な証拠も見つからなかった。
しかし、ヘンディや新たに協力者として逮捕されたデニス・ヤンシーとグレンダ・ジーン・レイ(レイの実娘)は、レイの犯罪を証言した。

裁判は保護された女性の事件、名乗り出た女性の事件、ビデオに映っていた女性の事件の三件について行われた。
しかし、二つ目の事件の被害女性は裁判直前に病死してしまった。
レイは当初無罪を主張していたが、突如証言を翻し、罪を認めた。
結果、彼は224年の懲役となったが、娘は懲役9年の刑となった。
なお、捜査に協力的だったヘンディは懲役36年を科された。

レイは2002年5月28日、刑務所内で死亡した。心臓麻痺だったという。

彼を調査した著者は反社会性パーソナリティ障害と位置づけている。

犯罪心理学者のロバート・D・ヘア博士によるとこの障害を持つ者の割合は全人口の1パーセント、刑務所の服役者の10パーセントであり、あらゆる人種や文化を問わず、古今の歴史を通じて存在するという。

という事は日本人に置き換えると…

子供と老人を除いて、15~64歳人口は 7789万人人(平成26年10月時点)の1パーセントは…

778900人。

更に断然男に多い事件なので同じ計算を男性だけに当てはめると392700人という事になる。

更に更に札幌の15~64歳男性に当てはめると…

6040人……(平成26年7月時点)

いるなwwwww

そこであなたの周りにも紳士ヅラしている男の判断方法も書いてあったので

自分の知り合いに当てはめて見てもらいたい。特に接客業の女性なんかには…

〇うわべだけの浅薄(あさはか)な魅力(口がうまくて冗舌だが深みが無い)。
〇壮大な自尊心(自分を優秀な者だと思う気持ち。自慢話など。プライド)。
〇息をするように嘘をつく(バレバレな事でも悪意無く嘘をつく)。
〇狡猾(こうかつ)で、人の操作がうまい。(悪賢い、腹黒い)
〇罪悪感や良心の呵責が無い。
〇感情が乏しい
〇冷淡で共感にかける
〇自分の行動の責任を負わない(詐欺などで騙しても騙されたほうが悪いと責任を相手に転換)
〇つねに刺激を求める(常軌を逸した行動)
〇現実的な目標を持たない
〇行動の制限が出来ない(金があろうが無かろうが欲望のまま行動する)
〇少年時の非行
〇若年期における問題行動
〇犯罪については多才

あなたの周りにいくつも当てはまるパーソナリティ障害者予備軍はいないだろうか?

自分は何人も半分以上当てはまる人間が居ました。

過去の従業員にも1人ww



コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://barslime.blog12.fc2.com/tb.php/931-33e89943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バイアグラ・レビトラ・シリアス ED(勃起不全)でお悩みの方必見

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。