現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


片山くん

ブログを読んでくれた方ランキングサイト一日ワンクリック協力お願いします。
北海道ブログランキング
FC2 Blogランキング

いわゆるPC遠隔操作事件が、思わぬ展開を見せている。「真犯人」を名乗るメールは、被告による自作自演の疑いが浮上している。河川敷から見つかったスマートフォンから、被告のDNAが検出されたことが、新たにわかった。
16日、真犯人を名乗る人物から届いた新たなメールについて聞かれ、「信ぴょう性は高いように思います。わたしとしては、これをもって、この裁判を終わりにしてほしい」と、裁判の終了を訴えた片山祐輔被告(32)。
ところが、そのメールを片山被告自身が送ったとの見方が強まり、東京地検が保釈取り消しの請求を検討していることがわかった。
19日午後、緊急会見した片山被告の弁護人・佐藤博史弁護士は、「最後の電話は(午前)10時22分ですけれども、30分後くらいに片山さんに連絡したら、電源が切れているか、電波が届かないところにというメッセージが届くようになった」と、片山被告と連絡が取れなくなっていることを明らかにした。
他人のパソコンに遠隔操作ウイルスを感染させ、小学校への襲撃や無差別殺人などを予告したとして、威力業務妨害などの罪に問われている片山被告。
裁判では、冤罪(えんざい)だと無罪を主張し、2014年3月に保釈された。
そんな中、16日にフジテレビをはじめ、複数の報道機関に、真犯人と名乗るメールが届いた。
送り主は「小保方銃蔵」と名乗り、片山被告を犯人に仕立て上げたとする手口なども書かれていた。
メールが送られた時間は、片山被告の裁判が行われていた、午前11時37分だった。
公判終了後、このメールについて片山被告は、「(片山さんが送ったメールではない?)ではないです。犯人が、わざとわたしに、アリバイのある時刻を選んで送ってくれたのかどうか、わからないですけれど」と述べた。
自らが送ったものではないと強調したうえで、メールの送り主については、「人の権利とか、どうも思っていないような、ひどいやつだと思います。(真犯人に対しては?)自首しろとしか言えないですね」と話した片山被告だったが、その後、思わぬ展開になった。
片山被告は、裁判前日の15日、携帯電話を荒川の河川敷に埋めたとみられている。
真犯人を名乗るメールは、タイマー送信の機能を使って、翌日の裁判中に届くように送信したとみられている。
メールが送られた前日に、スマートフォンを東京・江戸川区内の荒川の河川敷に埋めていたという。
そして、スマートフォンに送られたメールの文面が残されていたほか、片山被告のDNAも付着していたという。
これが事実なら、わざわざ墓穴を掘ったことになるが、片山被告の弁護人・佐藤博史弁護士は、「裁判が不利に展開しているなら別ですけれど、弁護団がしっかり頑張って、無罪判決になりそうだったので、(片山被告に)こんなメールを書く動機っていうのは、絶対にない」と主張している。.

この弁護士が言っているように無罪になりそうだった…のに

まさかのまさか?もしくは予想通り?

〇されたんじゃ…。

生きていますように祈ります。


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://barslime.blog12.fc2.com/tb.php/908-0b84d45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バイアグラ・レビトラ・シリアス ED(勃起不全)でお悩みの方必見

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。